映画のロケ地・どこロケ!

映画の評価、見どころ、ロケ地情報を紹介します
「アフィリエイト広告を利用しています」

映画のロケ地・どこロケ!

新着記事

「ゴジラ-1.0」
「ゴジラ」の生誕70周年記念作品。舞台は第二次世界大戦後の焼け野原になった東京。そこに、ゴジラが現れ、復興途上の街を破壊する。迫力ある映像に加え、アノ荘厳なテーマ曲。日本アカデミー賞で、作品賞など8冠に輝く必見の名作。
「ハケンアニメ」
アニメ制作現場を描いた直木賞作家・辻村深月の小説「ハケンアニメ!」を映画化。新人アニメ監督の斎藤瞳(吉岡里帆)は、デビュー作で憧れの天才監督・王子千晴(中村倫也)とアニメの頂点(覇権)を争うことになる。
「いとみち」
16歳の相馬いと(駒井蓮)は人見知りな性格。津軽弁の訛りが強く、人とうまく話せない。一念発起して「メイド珈琲店」でアルバイトを始める。店の人やお客さんたちとの交流を通して、遠ざかっていた津軽三味線と再び向き合うようになる。
「イチケイのカラス」
テレビドラマ化されたシリーズの劇場版。入間みちお(竹野内豊)はイチケイから異動となり、岡山県の穏やかな町で勤務を続けている。そこで、偶然にも元イチケイメンバーの坂間千鶴(黒木華)と法廷で顔を合わせることになる。
「キネマの神様」
当初、主人公を志村けんが演じることになっていた作品。コロナによって亡くなった志村の代わりに、かつて同じ事務所で先輩・後輩の仲であった沢田研二が主演を務めた。また、若き日の主人公を菅田将暉が演じている。
「沈黙のパレード」
原作は東野圭吾。天才物理学者・湯川学(福山雅治)が難事件を解決する「ガリレオ」シリーズの劇場版第3作。内海薫役の柴咲コウ、草薙俊平役の北村一輝などおなじみのメンバーとともに、息の合った演技を見せている。

評価 5

    

「ゴジラ-1.0」
「ゴジラ」の生誕70周年記念作品。舞台は第二次世界大戦後の焼け野原になった東京。そこに、ゴジラが現れ、復興途上の街を破壊する。迫力ある映像に加え、アノ荘厳なテーマ曲。日本アカデミー賞で、作品賞など8冠に輝く必見の名作。
「ハケンアニメ」
アニメ制作現場を描いた直木賞作家・辻村深月の小説「ハケンアニメ!」を映画化。新人アニメ監督の斎藤瞳(吉岡里帆)は、デビュー作で憧れの天才監督・王子千晴(中村倫也)とアニメの頂点(覇権)を争うことになる。
「ちょっと思い出しただけ」
照生(池松壮亮)はダンサーの道を歩んでいたが、怪我で諦めざるを得なくなり、今は劇場で裏方の仕事を行っている。かつての恋人・葉(伊藤沙莉)はタクシードライバーをしている。ある日、ふと気が向いて、この劇場に立ち寄ると、舞台準備をする照生の姿があった。

評価 4.5

    

「線は、僕を描く」
2020年本屋大賞の3位に選ばれた水墨画の世界を描いた作品。監督は映画「ちはやふる」の小泉徳宏。大学生の霜介はアルバイト先で水墨画の大家・湖山に「弟子にならないか?」と声をかけられる。
「シン・ゴジラ」
エヴァンゲリオンの庵野秀明が総監督を務めた。ハリウッド版ではない、本当のゴジラを観ることができる。特に「Who will know」の挿入歌をバックに、背びれを紫色に発光させ火を吐くシーンは鳥肌モノ。
「告白」
第6回本屋大賞に選ばれた作品の映画化。ある中学校の終業式、担任の森口(松たか子)は教壇に立ち、話をしている。生徒達は騒がしく、話を聞こうとしない。それでも森口は話し続け、やがて、衝撃の告白が始まる。
「弥生、三月-君を愛した30年」
弥生(波留)と太郎(成田凌)の30年を各年の3月に起きた出来事に焦点を当て描いている。二人は高校時代、同級生で親しいサクラ(杉咲花)を病気で亡くした。そのことが、二人のその後のすれちがいを生む。

評価 4

    

「いとみち」
16歳の相馬いと(駒井蓮)は人見知りな性格。津軽弁の訛りが強く、人とうまく話せない。一念発起して「メイド珈琲店」でアルバイトを始める。店の人やお客さんたちとの交流を通して、遠ざかっていた津軽三味線と再び向き合うようになる。
「シン・仮面ライダー」
懐かしい仮面ライダーが復活。公開前の予告映像で期待度がぐんぐん上昇していましたが、期待どおりの出来栄えでした。特に配役がハマっていました。緑川ルリ子役の浜辺美波。茶色のコートを着たビジュアルと、クールな表情・演技が良かったです。
「マイ・ブロークン・マリコ」
平庫ワカの漫画を映画化した作品。トモヨ(永野芽郁)はテレビのニュースで幼い頃からの親友・マリコ(奈緒)が亡くなったことを知り、遺骨を携え、マリコが行きたがっていた場所を訪れる。
「夏への扉 キミのいる未来へ」
ロバート・A・ハイラインの名作SF小説を日本を舞台に移して映画化した作品。ある企みによって人体を冷凍保存する装置に入れられ眠らされてしまった宗一郎(山崎賢人)は30年後に目覚め、人型ロボットのピート(藤木直人)ともに当時の真相を探る。
「今夜、世界からこの恋が消えても」
一条岬の小説を映画化。高校生の神谷透(道枝駿佑)はふとしたきっかけで同級生の日野真織(福本莉子)と付き合うようになる。やがて、真織が記憶障害の難病を患っていることを知り、透はできる限り二人の楽しい時間を作ろうとするが、やがて転機が。
「そして、バトンは渡された」
2人の母親と3人の父親を持ち、4度も苗字が変わった優子(永野芽郁)。自由奔放で破天荒な性格の2番目の母親・梨花(石原さとみ)。血のつながっていない親と子の心温まるエピソードが感動的。また、誰が誰にバトンを渡すのかも見どころ。

評価 3.5

    

「異動辞令は音楽隊!」
捜査一課のベテラン刑事・成瀬司(阿部寛)は、犯人逮捕のためなら手段を選ばず、皆から軍曹と呼ばれている。ある日、強引な操作方法が問題視され、警察音楽隊への異動を言い渡される。
「るろうに剣心 京都大火編」
2012年公開の映画「るろうに剣心」の続編。和月伸宏の漫画を実写化。幕末に「人斬り抜刀斎」と呼ばれ恐れられた緋村剣心(佐藤健)と明治政府の転覆を狙う志々雄真実 (藤原竜也)一派との戦いを描く。
「花束みたいな恋をした」
駅で終電を逃したことから偶然に出会った山音麦(菅田将暉)と八谷絹(有村架純)。互いの趣味や好みの話で意気投合し、同棲生活を始める。しばらくは幸せな毎日を過ごしていたが、やがて関係に微妙なズレが生じ始める。
「8年越しの花嫁 奇跡の実話」
YouTubeに投稿された1本の動画が話題になる。実話をベースに映画化。合コンで知り合った尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)は結婚の約束をするが、式の3か月前、麻衣が原因不明の病に倒れ、昏睡状態に陥る。
「スパイの妻」
2020年にNHK BS8Kで放送されたドラマの劇場版。第77回ベネチア国際映画祭で最優秀監督賞を受賞。1940年、貿易商を営む福原(高橋一生)は仕事で満州へ渡る。帰国後、妻の聡子(蒼井優)は優作の言動の変化に気をもむようになる。
「奥様は、取り扱い注意」
人気ドラマの劇場版。元特殊工作員の菜美(綾瀬はるか)と公安警察の勇輝(西島秀俊)は夫婦である。半年前、ある出来事によって、菜美は記憶喪失になった。勇揮は自分が公安であることを隠し、菜美との生活を続ける。

評価 3

    

「イチケイのカラス」
テレビドラマ化されたシリーズの劇場版。入間みちお(竹野内豊)はイチケイから異動となり、岡山県の穏やかな町で勤務を続けている。そこで、偶然にも元イチケイメンバーの坂間千鶴(黒木華)と法廷で顔を合わせることになる。
「キネマの神様」
当初、主人公を志村けんが演じることになっていた作品。コロナによって亡くなった志村の代わりに、かつて同じ事務所で先輩・後輩の仲であった沢田研二が主演を務めた。また、若き日の主人公を菅田将暉が演じている。
「沈黙のパレード」
原作は東野圭吾。天才物理学者・湯川学(福山雅治)が難事件を解決する「ガリレオ」シリーズの劇場版第3作。内海薫役の柴咲コウ、草薙俊平役の北村一輝などおなじみのメンバーとともに、息の合った演技を見せている。
「川っぺりムコリッタ」
刑務所を出所した山田(松山ケンイチ)はある小さな街の安アパートで新たな生活を始める。できるだけ人との関りを持ちたくない山田であったが、やがて、隣人の島田(ムロツヨシ)や大家の南(満島ひかり)などと関わり心を開くようになる。
「天間荘の三姉妹」
人気漫画「スカイハイ」のスピンオフ作品を実写化。天空と地上の間にある街で旅館「天間荘」を経営する若女将の天間のぞみ(大島優子)と妹のかなえ(門脇麦)。ある日、腹違いの妹・たまえ(のん)が訪ねてきて、初対面を果たす。
「百花」
認知症を発症した母・百合子(原田 美枝子)と向き合う息子・泉(菅田 将暉)の姿を描いたヒューマンドラマ。長澤まさみや永瀬正敏が共演している。

評価 2

    

「さよならくちびる」
主題歌のプロデュースを秦基博、挿入歌をあいみよんが担当し、主人公の二人(小松菜奈、門脇麦)が実際に演奏し歌う。ローディー(成田凌)との三角関係がもとで解散を決意した「ハルレオ」は最後のツアーに向かう。