映画のロケ地・どこロケ!

映画の評価、見どころ、ロケ地情報を紹介します
「アフィリエイト広告を利用しています」

記事一覧

記事一覧

「騙し絵の牙」

原作は「罪の声」の塩田武士。2018年の本屋大賞にノミネートされた。大手出版社で次期社長の座を巡る争いが起きる中、編集長の速水(大泉洋)は部下の高野(松岡茉優)ともに大胆な企画を立て社内の改革を図る。
記事一覧

「弥生、三月-君を愛した30年」

弥生(波留)と太郎(成田凌)の30年を各年の3月に起きた出来事に焦点を当て描いている。二人は高校時代、同級生で親しいサクラ(杉咲花)を病気で亡くした。そのことが、二人のその後のすれちがいを生む。
記事一覧

「浅田家」

実在の写真家を描いた作品。浅田家は両親と兄(妻夫木聡)、そして政志(二宮和也)の4人家族である。家族や幼馴染の若奈(黒木華)は政志の自由奔放な行動に振り回されながらも、写真家としての成長を後押しする。
記事一覧

「ビブリア古書堂の事件手帖」

ビブリア古書堂に持ち込まれた一冊の本。そこには「夏目漱石」と書かれた直筆の文字。店主の栞子(黒木華)は50年前の淡い恋の物語に思いを巡らす。太宰治が好きな青年(東出昌大)はある食堂に入る。
記事一覧

「サイレント・トーキョー」

原作は「アンフェア」の秦建日子。ジョン・レノンの「Happy Xmas(War Is Over)」から発想を得て執筆された。東京での爆破テロを阻止すべく、刑事の世田(西島秀俊)と泉(勝治涼)が奔走する。
記事一覧

「すばらしき世界」

佐木隆三の小説「身分帳」が原案。殺人などの罪で延べ24年間、刑務所で過ごした実在の人物がモデル。刑期を終えた三上(役所広司)は東京でカタギとなり、まっとうな生活を送ろうとするが、世間の風当たりは強い。
記事一覧

「64-ロクヨン-」

原作は横山秀夫で、2013年の本屋大賞第2位に選ばれた作品。昭和64年に発生した少女誘拐事件、この未解決事件の時効が迫る中、この事件を模倣したと思われる誘拐事件が発生する。主演は佐藤浩市。
記事一覧

「告白」

第6回本屋大賞に選ばれた作品の映画化。ある中学校の終業式、担任の森口(松たか子)は教壇に立ち、話をしている。生徒達は騒がしく、話を聞こうとしない。それでも森口は話し続け、やがて、衝撃の告白が始まる。
記事一覧

「検察側の罪人」

沖野(二宮和也)は新人検事である。憧れの存在である最上(木村拓哉)がいる部署に配属された。二人はある殺人事件を担当するが、その過程で二人の関係に変化が生じる。
記事一覧

「マスカレード・ナイト」

2019年に公開された「マスカレード・ホテル」のシリーズ第2弾。前作と同様、再び「ホテル・コルテシア東京」にフロントクラークとして潜入した刑事・新田浩介(木村拓哉)。ホテルコンシュルジュの山岸尚美(長澤まさみ)とともに事件解決に挑む。
スポンサーリンク