映画のロケ地・どこロケ!

今日はどんな映画を観ようかなと迷っているあなたに
気になる映画の評価、見どころ、ロケ地情報などを紹介します
心に残る映画に巡り合えるきっかけになれば幸いです。どこロケ!

記事一覧

記事一覧

「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」

「週刊ヤングマガジン」連載の南勝久の漫画を映画化。伝説の殺し屋ファブル(岡田准一)は、以前に命を救ったヒナコ(平手友梨奈)と再会する。ヒナコは宇津帆(堤真一)の仕事を手伝っているが、ファブルと宇津帆の間には過去の因縁があった。
記事一覧

「さよならくちびる」

主題歌のプロデュースを秦基博、挿入歌をあいみよんが担当し、主人公の二人(小松菜奈、門脇麦)が実際に演奏し歌う。ローディー(成田凌)との三角関係がもとで解散を決意した「ハルレオ」は最後のツアーに向かう。
記事一覧

「るろうに剣心」

原作は和月伸宏。幕末の京都で「人斬り抜刀斎」として名を轟かせた伝説の人斬り・緋村剣心(佐藤健)は、ころさずを誓い、腰に「逆刃刀」を携える。ある時、元新選組三番隊組長で警察官の斎藤一(江口洋介)からアヘン密売事件の捜査に協力するよう要請される
記事一覧

「弥生、三月-君を愛した30年」

弥生(波留)と太郎(成田凌)の30年を各年の3月に起きた出来事に焦点を当て描いている。二人は高校時代、同級生で親しいサクラ(杉咲花)を病気で亡くした。そのことが、二人のその後のすれちがいを生む。
記事一覧

「アルプススタンドのはしの方」

ある高校の教諭によって作られた戯曲をもとに映画化された作品。高校野球を観戦する生徒達を描いているが、いっさい試合のシーンは出てこない。それぞれ悩みを抱える四人の高校生に焦点を当て、物語は進む。
記事一覧

「ジャッジ!」

広告業界の裏側を面白おかしく描いたコメディ。喜一郎(妻夫木聡)とひかり(北川景子)は世界一のテレビCMを決める国際広告祭で自社の得意先が製作したCMを入賞させるために奮闘する。主題歌はサカナクションの「アイデンティティ」
記事一覧

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」

YouTubeに投稿された1本の動画が話題になる。実話をベースに映画化。合コンで知り合った尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)は結婚の約束をするが、式の3か月前、麻衣が原因不明の病に倒れ、昏睡状態に陥る。
記事一覧

「流浪の月」

ある出来事をきっかけに、少女誘拐事件の被害者と犯人の関係になった家内更紗(広瀬すず)と佐伯文(松坂桃李)。その事件は、その後の二人についてまわることになる。そして、15年後、二人は偶然再会する。
記事一覧

「余命10年」

難病を患い余命10年と宣告された20歳の茉莉(小松菜奈)。そんな時、同窓会で和人(坂口健太郎)と再会する。しだいに心を通わせるようになり、茉莉の心境にも変化が生じる。原作は小坂流加。本作同様、難病を患い、本作の発売を目前に38歳で亡くなる。
記事一覧

「奥様は、取り扱い注意」

人気ドラマの劇場版。元特殊工作員の菜美(綾瀬はるか)と公安警察の勇輝(西島秀俊)は夫婦である。半年前、ある出来事によって、菜美は記憶喪失になった。勇揮は自分が公安であることを隠し、菜美との生活を続ける。
スポンサーリンク