映画のロケ地・どこロケ!

今日はどんな映画を観ようかなと迷っているあなたに
気になる映画の評価、見どころ、ロケ地情報などを紹介します
心に残る映画に巡り合えるきっかけになれば幸いです。どこロケ!

記事一覧

記事一覧

「君の瞳が問いかけている」

暗い過去を背負う元キックボクサー(横浜流星)はバイト先で目の不自由な女性(吉高由里子)と出会う。やがて二人は惹かれ合うようになるが、ある日、衝撃の事実を知ることになる。
記事一覧

「まともじゃないのは君も一緒」

数学しか頭にない予備校講師(成田凌)。イケメンの実業家(小泉孝太郎)に憧れる生徒(清原果耶)。普段は言い争いばかりしている二人だが、ある出来事をきっかけに微妙な協力関係が始まる。
記事一覧

「弥生、三月-君を愛した30年」

弥生(波留)と太郎(成田凌)の30年を各年の3月に起きた出来事に焦点を当て描いている。二人は高校時代、同級生で親しいサクラ(杉咲花)を病気で亡くした。そのことが、二人のその後のすれちがいを生む。
記事一覧

「ビブリア古書堂の事件手帖」

ビブリア古書堂に持ち込まれた一冊の本。そこには「夏目漱石」と書かれた直筆の文字。店主の栞子(黒木華)は50年前の淡い恋の物語に思いを巡らす。太宰治が好きな青年(東出昌大)はある食堂に入る。
記事一覧

「告白」

第6回本屋大賞に選ばれた作品の映画化。ある中学校の終業式、担任の森口(松たか子)は教壇に立ち、話をしている。生徒達は騒がしく、話を聞こうとしない。それでも森口は話し続け、やがて、衝撃の告白が始まる。
記事一覧

「そして、バトンは渡された」

2人の母親と3人の父親を持ち、4度も苗字が変わった優子(永野芽郁)。自由奔放で破天荒な性格の2番目の母親・梨花(石原さとみ)。血のつながっていない親と子の心温まるエピソードが感動的。また、誰が誰にバトンを渡すのかも見どころ。
記事一覧

「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」

「週刊ヤングマガジン」連載の南勝久の漫画を映画化。伝説の殺し屋ファブル(岡田准一)は、以前に命を救ったヒナコ(平手友梨奈)と再会する。ヒナコは宇津帆(堤真一)の仕事を手伝っているが、ファブルと宇津帆の間には過去の因縁があった。
記事一覧

「るろうに剣心」

原作は和月伸宏。幕末の京都で「人斬り抜刀斎」として名を轟かせた伝説の人斬り・緋村剣心(佐藤健)は、ころさずを誓い、腰に「逆刃刀」を携える。ある時、元新選組三番隊組長で警察官の斎藤一(江口洋介)からアヘン密売事件の捜査に協力するよう要請される
記事一覧

「流浪の月」

ある出来事をきっかけに、少女誘拐事件の被害者と犯人の関係になった家内更紗(広瀬すず)と佐伯文(松坂桃李)。その事件は、その後の二人についてまわることになる。そして、15年後、二人は偶然再会する。
記事一覧

「余命10年」

難病を患い余命10年と宣告された20歳の茉莉(小松菜奈)。そんな時、同窓会で和人(坂口健太郎)と再会する。しだいに心を通わせるようになり、茉莉の心境にも変化が生じる。原作は小坂流加。本作同様、難病を患い、本作の発売を目前に38歳で亡くなる。
スポンサーリンク