映画のロケ地・どこロケ!

映画のシーンを撮影した場所を訪れたい
そんなあなたにロケ地情報をお届けします

「64-ロクヨン-」

作品名64-ロクヨン-
公開年2016
監督瀬々敬久
原作横山秀夫
主な出演者佐藤浩市、瑛太、綾野剛、仲村トオル、榮倉奈々、三浦友和
上演時間121分(前編)、119分(後編)
評価4     
感想原作は2012年に刊行された。体調を崩し執筆のペースを落としていた横山秀夫の7年ぶりの作品である。2013年の第10回本屋大賞第2位に選ばれた。


Amazon.co.jp

 

主人公の三上義信(佐藤浩市)は警察の広報官である。警察では、昭和64年に発生した少女誘拐事件の時効が迫る中、警察庁長官の被害者宅訪問を計画する。しかし、あるボタンの掛け違いから、記者クラブの取材協力が得られない。三上は記者クラブに赴き、協力を要請する。その中で、まだ公になっていない、ある調査報告書の内容が語られる。

この記者クラブのシーンは前半のクライマックスとして描かれる。佐藤浩市はこの9分間に渡る一人語りのシーンをカット割りすることなく、一気に演じたそうである。そんな感情のこもった演技は必見。

この映画が公開された2016年には、「64-ロクヨン-」の前日譚とも言えるスピンオフドラマ、「陰の季節」と「刑事の勲章」の2作品がTV放送された。仲村トオル、奥田英二、三浦友和などが映画と同じ役で出演している。こちらも併せて観ると、より登場人物に感情移入できるかも。


Amazon.co.jp

また、「64」は全く違うキャストで、NHKの5回シリーズのドラマとしても放送されている。こちらの主演はピエール瀧である。映画と比べ、全体的に地味な作りではあるが、寧ろ原作の雰囲気はこちらに近いかも。ぜひ映画と見比べてほしい。


Amazon.co.jp

 

警察署

広報室や記者クラブがある警察署

ロケ地旧柳原分庁舎
所在地〒940-0072
新潟県長岡市柳原町2-1

喫茶チェリー

犯人が指定した身代金受け渡し場所の一つ。

ロケ地きゃらばん本店
所在地〒370-0068
群馬県高崎市昭和町209