映画のロケ地・どこロケ!

映画の評価、見どころ、ロケ地情報を紹介します
「アフィリエイト広告を利用しています」

恋愛

記事一覧

「レジェンド&バタフライ」

戦国の覇者、織田信長の生涯を描いた作品。信長を木村拓哉、その妻・濃姫を綾瀬はるかが演じている。尾張の織田家と美濃の斎藤家は、長年、領地を奪い合う戦を続けてきた。そんな折、斎藤道三の娘・濃姫が織田信長の元へ嫁ぐことになる。
記事一覧

「弥生、三月-君を愛した30年」

弥生(波留)と太郎(成田凌)の30年を各年の3月に起きた出来事に焦点を当て描いている。二人は高校時代、同級生で親しいサクラ(杉咲花)を病気で亡くした。そのことが、二人のその後のすれちがいを生む。
記事一覧

「余命10年」

難病を患い余命10年と宣告された20歳の茉莉(小松菜奈)。そんな時、同窓会で和人(坂口健太郎)と再会する。しだいに心を通わせるようになり、茉莉の心境にも変化が生じる。原作は小坂流加。本作同様、難病を患い、本作の発売を目前に38歳で亡くなる。
記事一覧

「ちょっと思い出しただけ」

照生(池松壮亮)はダンサーの道を歩んでいたが、怪我で諦めざるを得なくなり、今は劇場で裏方の仕事を行っている。かつての恋人・葉(伊藤沙莉)はタクシードライバーをしている。ある日、ふと気が向いて、この劇場に立ち寄ると、舞台準備をする照生の姿があった。
記事一覧

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」

Yahoo!知恵袋に投稿された質問がきっかけとなって映画化された作品。夫(安田顕)が会社から帰宅すると、毎日、妻(榮倉奈々)が死んだふりをしている。何故そんなことを続けるのか、夫には意図が分からない。
記事一覧

「まともじゃないのは君も一緒」

数学しか頭にない予備校講師(成田凌)。イケメンの実業家(小泉孝太郎)に憧れる生徒(清原果耶)。普段は言い争いばかりしている二人だが、ある出来事をきっかけに微妙な協力関係が始まる。
記事一覧

「さよならくちびる」

主題歌のプロデュースを秦基博、挿入歌をあいみよんが担当し、主人公の二人(小松菜奈、門脇麦)が実際に演奏し歌う。ローディー(成田凌)との三角関係がもとで解散を決意した「ハルレオ」は最後のツアーに向かう。
記事一覧

「花束みたいな恋をした」

駅で終電を逃したことから偶然に出会った山音麦(菅田将暉)と八谷絹(有村架純)。互いの趣味や好みの話で意気投合し、同棲生活を始める。しばらくは幸せな毎日を過ごしていたが、やがて関係に微妙なズレが生じ始める。
記事一覧

「君の瞳が問いかけている」

暗い過去を背負う元キックボクサー(横浜流星)はバイト先で目の不自由な女性(吉高由里子)と出会う。やがて二人は惹かれ合うようになるが、ある日、衝撃の事実を知ることになる。
記事一覧

「流浪の月」

2020年本屋大賞を受賞した、凪良ゆうの作品を映画化。ある出来事をきっかけに、少女誘拐事件の被害者と犯人の関係になった家内更紗(広瀬すず)と佐伯文(松坂桃李)。その事件は、その後の二人についてまわることになる。そして、15年後、二人は偶然再会する。
スポンサーリンク