映画のロケ地・どこロケ!

映画のシーンを撮影した場所を訪れたい
そんなあなたにロケ地情報をお届けします

「君の瞳が問いかけている」

作品名君の瞳が問いかけている
公開年2020
監督三木孝浩
主な出演者吉高由里子、横浜流星、やべきょうすけ、町田啓太
上演時間123分
評価3     
感想横浜流星の格闘シーンは必見。吉高由里子がハンディを抱える主人公を好演している。

ストーリー

暗い過去を背負う元キックボクサー・篠崎塁(横浜流星)はバイト先で目の不自由な柏木明香里(吉高由里子)と出会う。自分について話したがらない塁のことを、最初、明香里は「おじさん」と呼ぶが、やがて二人は惹かれ合うようになる。

じゃあ、なんで受け取ったんですか?

塁は昼の酒屋の配達に加え、新たに夜の駐車場の管理のバイトを始める。

ある日、管理室に明香里が入ってきた。お饅頭などを手渡しながら一方的に喋る。

やがていつもと匂いが違うことに気づき、ハッとして「誰ですか?」と問う。

塁は前任のおじいさんが辞めたことを告げる。

ロケ地ほんいちパーキング
所在地〒417-0051
静岡県富士市吉原2丁目9-22
アクセス吉原本町駅より徒歩3分

まだ間に合うかどうか、見てやる

塁は以前通っていたキックボクシングジムを訪れる。

3年以上前に何も言わず姿を消した、その謝罪を言いに来た。

塁の才能に惚れ込んでいるコーチの原田(やべきょうすけ)は暖かく迎え入れる。

最初は謝りに来ただけと言っていた塁であるが、原田の説得もあり、キックボクシングを再開する。

ロケ地野口ボクシングジム
所在地〒120-0042
東京都足立区千住龍田町13-2 ヴィラシマダビル1F
アクセス北千住駅より徒歩10分

過去の罪はどうやったら許されますか

明香里と塁は親しくなり、付き合い始める。

塁は、明香里との幸せな生活を築くため、キックボクシングに打ち込む。

試合は連戦連勝。

そんなとき、半グレ集団のリーダーで、塁とは浅からぬ縁を持つ佐久間恭介(町田啓太)が塁の前に現れた。

恭介:水くせぇな、出てきたら連絡くらいしろよ

塁:二度と戻らないって決めましたから

恭介:またな

明香里の両親の墓

明香里は両親が亡くなった経緯を塁に話す。

その話を聞いて胸騒ぎがした塁は墓標に刻まれた日付を見る。

その瞬間、戦慄が走った。

ロケ地メモリアルグリーン
所在地〒245-0066
神奈川県横浜市戸塚区俣野町1367-1
アクセス戸塚駅より車で約20分

ここじゃないよ、塁の帰る場所は

明香里は目の手術を受け、視力を回復する。

しかし、その結果を見ないまま、突然、塁は明香里の前からいなくなる。

2年後

明香里はインテリア等を扱う自分の店を持っている。

ある日、明香里が店を留守にしている間、男の人が店にやって来て、ある展示物を見て涙を流していたと店員から聞く。

直感した明香里はある記憶の場所へ急ぐ。

ロケ地波崎ウインドファーム
所在地〒314-0341
茨城県神栖市矢田部
アクセス銚子駅より車で約20分

 


Amazon.co.jp