映画のロケ地・どこロケ!

今日はどんな映画を観ようかなと迷っているあなたに
気になる映画の評価、見どころ、ロケ地情報などを紹介します
心に残る映画に巡り合えるきっかけになれば幸いです。どこロケ!

「アルプススタンドのはしの方」

作品名アルプススタンドのはしの方
公開年2020
監督城定秀夫
主な出演者小野莉奈、平井亜門、西本まりん、中村守里
上演時間75分
評価4     
感想この映画の原作はある高校の教諭によって作られた戯曲。全国大会で最優秀賞を受賞したほか、他の高校でも上演され話題になり、今回の映画化が実現した。高校野球を観戦する生徒達を描いた話だが、いっさい試合のシーンは映さず、主に四人の高校生のみに焦点を当てている。四人にはそれぞれ悩みがあり、それらが交錯して物語は進行する。会話がよく練られているし、伏線回収が素晴らしい。さらに、熱血漢の先生が時々登場するのだが、影の主役と言ってよい程、良いキャラクターで、良いセリフで、良い味を出している。

ストーリー

甲子園・夏の大会の1回戦、アルプススタンドのはしの方で母校の応援をしている安田あすは(小野莉奈)と田宮ひかる(西本まりん)。二人は全くの野球音痴。そこに、少し遅れて、元野球部の藤野富士夫(平井亜門)がやってきた。

俺の方が正しいよな

アルプススタンドのはしの方

安田は藤野に野球を辞めた理由を聞く。

藤野は自分に言い聞かせるように答える。

自分はピッチャーだが、今試合で投げている園田がいる限り、レギュラーになれない、それで辞めた。

すごく下手で、試合にでることなんてまずない、矢野は続けているけどな。

でも、3年間練習してもレギュラーになれないんだったら、他の事した方がマシだろう。

ロケ地平塚球場
所在地〒254-0074
神奈川県平塚市大原1-1 総合公園内
アクセス平塚駅より徒歩30分



   

なんで俺に聞くの

宮下恵(中村守里)は成績優秀だが、人付き合いが苦手である。野球部の園田に好意を寄せている。

アルプススタンドの最後方で観戦していたが、園田のことを聞くため、藤野の座っている席に近づく。

事情を知らない田宮は、園田と吹奏楽部の久住智香(黒木ひかり)が付き合っていると言う。

驚く藤野。体調が悪くなる宮下。

しょうがないよ

安田と田宮は演劇部である。

台本を安田が書き、去年、関東大会まで進んだ。しかし、大会直前に主役の田宮がインフルエンザに罹り、出場できなかった。

田宮は今でもその事を引きずっていて、申し訳なく思い、安田に過剰な気遣いをみせる。

安田は、そんな田宮の気遣いが、逆に心の負担になっていた。

人生ってのは送りバントなんだよ

厚木修平(目次立樹)は英語教師で茶道部の顧問である。

熱血漢で、生徒達に何度も「大きな声で応援しろ」と声を枯らして言っている。

しかし、見た目と違い、細やかな心を持つ厚木は藤野ら四人が抱える悩みを理解し、事あるごとに励ましの言葉をかける。

がんばれ~、園田くん

最終回

四人は、この試合中に起きた出来事や会話を通して、各々が持つわだかまりが解け、しだいに大きな声で応援するようになる。

ランナーが出た。

次のバッターは矢野。

あっ、次出てくるよ。いよいよだね

時は流れ、アルプススタンドのはしの方。

社会人になった四人はプロ野球観戦に来ている。

今日はプロ野球選手になった同級生のデビュー戦である。

バッターボックスに向かう選手。

場内アナウンスが流れる。